糖尿病患者の足のケア情報サイト

糖尿病のある方の足は、無い方に比べると慎重なお手入れが必要です。
小さな傷が少しずつ大きくなり、慢性の治りにくい傷になってしまうこともあるからです。

■関心を持つべき理由

潰瘍、感染、壊疽は糖尿病患者が直面するごく普通の障害です。
その為、毎年数千人もの糖尿病患者が足の切断を余儀なくされています。
糖尿病患者における足の問題には大きな2つの原因があります。

ケガをしないように足をいつも守っている知覚が無くなります。 その上、神経が傷つくと、足趾が変形したり土踏まずが無くなったり、皮膚が乾燥したりします。 これらの障害は、足に潰瘍や感染を起こすかもしれません。 そうなれば急速に進行して壊疽(組織の壊死)や切断になるかもしれません。 しかし足を良く手入れすれば潰瘍や感染を防止できます。

これは治療が困難です。血の巡りが悪ければ、壊疽や切断を免れません。 しかし足を良く手入れすれば、足の切断の時期を遅らせられます。潰瘍や感染を防止できます。

■予防方法

あなたの足を守るために、次のことを実行しましょう。

  • 目と手を使い観察し、家族にも助けてもらいましょう。
  • 足趾の間もチェックしましょう。
  • 鏡を使って足の裏も見ましょう。

以下のような危険なしるしを探しましょう。

  • 腫れ(特に新しいもの、次第に大きくなるもの、足全 体に及ぶもの)
  • 皮膚が赤い(圧迫によるただれや感染の可能性)
  • 水ぶくれ(擦過や圧迫によるただれのしるし)
  • 切り傷、擦り傷、出血 (感染の可能性)
  • 爪の障害(皮膚に当たり、潰瘍を作り、感染を起こす)
  • じくじく湿って液が染み出る (足趾の間)

  • 毎日足を洗いましょう。
  • 熱すぎ、冷たすぎの水ではなく、ぬるま湯を使いましょう。
  • 足を洗った後、(特に足趾間まで)良く乾かしましょう。
  • 皮膚が乾燥したら、少量のクリームを塗りましょう。
  • 子羊のウール(木綿ではなく)を挟んで、足趾間を乾燥させましょう。

手を使って靴の中に次のようなものが無いかチェックしましょう。

  • 凹凸 (ざらざらの面や縫い目) 
  • 異物 (石や鉄)

  • 医師に受診するたびに、足を診てくれるように頼みましょう。
  • 前述したような危険な兆候があれば、医師にかかりましょう。

  • 靴と靴下がきつ過ぎないことを確認しましょう。
  • 靴先は通気性の良い柔らかな素材の甲革で作られていて、余裕がなければいけません。
  • 新しい靴をはき、5分から10分したら、靴を脱いで皮膚が圧迫されて赤くなっていないかチェックしましょう。もし皮膚が赤くなっていれば、その靴を履いてはいけません。
  • 何足かの靴を順繰り履きましょう。
  • 多くの保険制度で普及の対象になる、糖尿病用の治療靴について、医師に尋ねてください。
  • 認定された装具士や、足治療士には、糖尿病に適切な履物を作成したり、足に合わせたりする資格があります。
  • 靴屋の店員に、あなたが糖尿病であることをお伝えください。

■注意事項

こんな危険を冒してはいけません。

尖った物や荒れた地面は、切り傷、擦り傷などのケガの原因になります。

  • 特に知覚に異常がある場合、熱はひどい火傷の原因となります。
  • 熱いお湯で足を洗ってはいけません。
  • 足湯器を使用してはいけません。

  • 切り傷、擦り傷をつくり、感染を起こす原因になります。

  • 喫煙は足が酸素を取り入れるのを妨げます。

  • 爪はまっすぐに切りましょう。

■糖尿病用靴・靴下

糖尿病の方に適した靴・靴下を紹介します。

靴に入るインソールは、型取りをした特注のものです。クッション性があり、足を衝撃と外傷から守ります。

インソールは、足に当たる部分から底に向かって下記の3層になっています。

  1. プラスタゾート
  2. PPT樹脂(ポリプロピレンテフタレート樹脂)
  3. EVA樹脂(エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)

インソールはリウマチ、足の手術などで変形がある場合、特注で詰め物を付けることができます。

靴の指部分に余裕があります。

爪先の部分が高くなっており、ハンマートウがあり、足指に傷ができたことがある人、できやすい人の足にも対応しています。

靴の指部分に注目爪先部分に高さがあります

靴幅が広い靴があります。お店で売られているものは3Eぐらいまで の幅の靴が多いです。
しかし糖尿病用の靴は7E(より幅広)ぐらい  までの幅に対応できます。
糖尿病用のインソールは特注であるため、足の変形があるなどの条件を満たした人だけに保険が適用されます。
創傷ケアセンターでは義肢装具士と連携しているセンターも多く、治療中または治療後に
糖尿病用靴とインソールが必要であると判断された場合、医師の処方を元に装具士さんを通して注文することができます。

糖尿病用靴下

■ 糖尿病がある方は特別な靴下をはく必要があるのでしょうか?

どのような靴下がいいのかについては、色々な意見があります。
「絶対にこれでなければいけない」というものは、どの団体(例えば米国糖尿病協会)も指定していません。
今回はSockwear Recommendations for People With Diabetesを参考にして靴下に関してまとめてみました。

■ 糖尿病がある方の靴下は

ゆるすぎないこと。ゆるすぎると靴の中で余計な布が障害物となり、擦れや圧の原因になります。 素材に関してはあまりこだわらなくても大丈夫です。
コットン、アクリル、コットンと合成繊維の混合などどれでも構いません。
しかしコットン100%の場合、汗をかいて靴下が湿った時などは、すぐ取りかえることが大事です。
例としてコットン100%のタオルを使った後のことを考えてみると、使って濡れたタオルは乾くまでしばらく時間がかかります。コットン100%の靴下が濡れた場合は乾くまでしばらくかかりますので、すぐ取りかえる必要があります。
濡れた靴下を履き続けると皮膚が湿って、傷ができやすい状況をつくってしまうことになります。
クッションパッドのあるもの。糖尿病性末梢神経障害のある方は足の感覚が鈍っていますので、障害から足を守るものが必要です。靴下にクッションがあると足を守ってくれます。
色は白。もし足に傷ができて出血したり、液が染み出てきている場合、黒や紺の靴下では色の変化がわかりずらくなります。また糖尿病があり、目が悪い方も多いので、血や液の色が見やすい白がいいでしょう。

■病気の基礎知識

糖尿病の方によくある病気(一例)をご紹介いたします。

下腿潰瘍とは脚(主に膝から下)に起こる潰瘍

  • 主に下肢静脈瘤が原因の静脈のうっ滞により起こるうっ滞性皮膚炎を合併することが多い静脈のうっ滞の他の原因として以下のようなものがある
  • 深部静脈血栓症
  • 動脈の血行障害(閉塞性動脈硬化症など)
  • 膠原病、血管炎(結節性多発動脈炎、抗リン脂質抗体、症候群など)
  • 感染症
  • 皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌) など

褥瘡(床ずれ)(じょくそう(とこずれ)) とは 布団やベッドなどと触れる部分の皮膚が、長い間圧迫され続けることで血流が不足して、皮膚や筋肉などの組織が壊死する状態

主な原因

  • 自分で体を自由に動かすことができない人は、皮膚の同じ部分が長時間続けて圧迫されてしまうことがある
  • 皮膚が圧迫されると、場所によっては皮膚や筋肉などに十分な血流が届かなくなり、壊死してしまう
  • 脳卒中などで、体を自由に動かせない、寝たきり状態の人に多く起こる

特に以下の特徴がある人に起こりやすい

  • 痩せている人、十分な栄養がとれていない人
  • 皮膚が乾燥したり薄い人(高齢者に多い)
  • 排泄物や汗による皮膚のふやけが起こりやすい人
  • 糖尿病、認知症などで痛みの感覚が鈍くなっている人

  • 細菌が骨髄に感染した状態
  • 体の他の部分に細菌感染があり、血液を介して細菌が骨まで運ばれることで起こる
  • 骨まで達するような傷や開放骨折(骨が皮膚を突き破って外から見える骨折)によって感染することがある
  • 小児や高齢者により多くみられる
  • けがが原因の場合には年齢を問わない
  • 糖尿病がある人に特に発症しやすい

壊死性軟部組織感染症とは皮膚の感染症の中で、最も重症なものの一つ

  • 皮膚や脂肪、筋膜といった組織が壊死して黒くなる
  • 死亡率は数十パーセントに及ぶ「壊死性軟部組織感染症」自体が複数の菌の感染症をまとめた総称であり、以下のように分類される
溶連菌によるもの
  • 劇症型溶連菌感染症とも呼ばれる
  • 菌に外毒素を体内で作られると溶連菌性連鎖球菌性毒素性ショック症候群(STSS)という重篤な状態になる
  • 溶連菌自体はどこにでもいる一般的な菌であるが、本感染症を引き起こした溶連菌を指して俗に「人食いバクテリア」と言われることがある
  • 糖尿病や肝硬変、悪性腫瘍などがあって免疫力が低下している人に多いが、それらがない健康体の人にも発症する
  • 死亡率は30-40%とする報告あり
クロストリジウム菌によるもの
  • 症状の進行が極めて急速かつ重篤
  • 患部から強い腐敗臭が生じる
  • 年齢や健康状態を問わず発症し得る
黄色ブドウ球菌によるもの
  • 菌に外毒素を体内で作られるとTSS(毒素性ショック症候群)という重篤な状態になる
  • インフルエンザなどその他の感染症にかかり、全身の免疫力が低下している場合などに特に多い
その他の菌によるもの:バクテロイデス菌、ビブリオ菌、大腸菌など

■最後に

このサイトの情報は下記サイトを参考とさせて頂きました。

株式会社ミレニアメディカル

下肢切断と褥瘡を無くしたい「難治性を含む慢性創傷の80%以上を治癒させる」それが私たちの願いです。ミレニアメディカルは治らない傷を治す、下肢切断を回避するという目的の為に、創傷ケアセンターという専門外来の立ち上げ支援、コンサルティングを行う会社です。

MEDLEY

MEDLEYは、医師たちがつくるオンライン病気事典です。数百名に及ぶ協力医師とともに、病気に関する様々な情報をやさしくわかりやすくまとめています。医療を受ける方やそのご家族と、医療を提供する医師・医療機関の方々をつなぎ、「納得できる医療」を実現するための、社会になくてはならない情報インフラとなることを目指しています。

その他の図書館

足の検査図書館
足の治療図書館